ホーム > ファイル数をカウントする

コマンドプロンプトでファイル数をカウントするには dir, find を使います。

  1. 今いるフォルダにあるファイル数をカウントします
  2. C:\TIPS>dir /A-D /B | find /c /v ""

  3. 今いるフォルダにあるフォルダ数をカウントします
  4. C:\TIPS>dir /AD /B | find /c /v ""

  5. 今いるフォルダにあるファイル数+フォルダ数をカウントします
  6. C:\TIPS>dir /B | find /c /v ""

  7. 今いるフォルダにあるファイル数をカウントします(サブフォルダも含む)
  8. C:\TIPS>dir /A-D /S /B | find /c /v ""

  9. 今いるフォルダにあるフォルダ数をカウントします(サブフォルダも含む)
  10. C:\TIPS>dir /AD /S /B | find /c /v ""

  11. 今いるフォルダにあるファイル数+フォルダ数をカウントします(サブフォルダも含む)
  12. C:\TIPS>dir /S /B | find /c /v ""

    コマンド意味
    dir /ADフォルダを表示します
    dir /A-Dフォルダ以外(つまりファイル)を表示します
    dir /S指定されたフォルダおよびそのサブフォルダのすべてのファイルを表示します
    dir /Bファイル名のみを表示します
    find /C指定した文字列を含む行の数だけを表示します
    find /V指定した文字列を含まない行をすべて表示します

確認したOS: Windows 10

↑ PAGE TOP